ラジウム針による組織内照射法

放射線治療の歴史を語るには、ラジウム針による組織内照射法は無視することはできない。

耳鼻咽喉科医のみならず、若い放射線治療専門医にとっても参考になると考え、30年前に撮影したビデオを公開する。舌がんに関する限り、ラジウム治療は超選択的動注化学療法よりも有効であったと今でも感じている。遊離皮弁による再建術が主流になるまで、小生は自分の被曝のことなど気にもならず、ラジウム治療にのめり込んでいた。故津屋旭癌研放射線科部長にラジオウム半強度針を20本購入していただいたときの嬉しさは今でも忘れられない。

 

  ビデオ   舌がんに対するラジウム針組織内照射法

千葉徳洲会病院    http://www.chibatoku.or.jp/

 耳鼻咽喉科

 頭頸部外科センター

  

2013年9月で三田病院を定年退職しました。

引き続き、頭頸部腫瘍(悪性・良性を問わず)を中心に診療を続けます。

サイバーナイフ治療は横浜サイバーナイフセンターと提携し、これまでどおり実施しております。

セカンドオピニオンは随時受け付けております。

 

鎌田信悦 (カマタシンエツ)