前頭洞SCC症例、前頭蓋底一塊切除+再建術

 

      前頭洞原発SCC、高度進展症例。 幸いにも脳浸潤がなかったため、手術適応となった。

手術の過程を短時間に紹介する意図で、1.4倍速に接待した。

原発巣は2年以上再発なく経過したが、その後肺転移が生じた。

原発巣の手術に関しては、容積のある腹直筋弁で再建したため創傷治癒も早く、合併症もなく術後3週間の早期退院となり、推奨すべき術式であると考えている。 

 

ビデオ:  http://www.youtube.com/watch?v=qqrPemfSO6o

千葉徳洲会病院    http://www.chibatoku.or.jp/

 耳鼻咽喉科

 頭頸部外科センター

  

2013年9月で三田病院を定年退職しました。

引き続き、頭頸部腫瘍(悪性・良性を問わず)を中心に診療を続けます。

サイバーナイフ治療は横浜サイバーナイフセンターと提携し、これまでどおり実施しております。

セカンドオピニオンは随時受け付けております。

 

鎌田信悦 (カマタシンエツ)